株式会社 スマートリノベーション

〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1丁目14番22号8F

ソーラーシェアリング -営農型太陽光発電システム-


農業を継続しながら、太陽光発電による収益も得られる
そんな太陽光発電システムをご存知ですか?

太陽光発電システムを遊休地や空き地で事業展開するのが主流ですが、農地で事業を行う場合は様々な制約があります。
農地のままでは事業が出来ないために農地転用等を行うわけですが、簡単な手続きではありません。

そこで、農業を継続しながら太陽光発電を行う仕組み・・「ソーラーシェアリング」が注目されています。


一般的な発電所との違いは?

ソーラシェアリング型の発電所はいわゆる地上設置型の産業用太陽光発電所と違い、いくつかの違いがあります。

以下に、ソーラーシェアリングの特徴を挙げてみます。

  • 発電所直下で営農を行うため、架台と設備が特別であること。(地上余地も高い位置に設置)
  • 架台の特性上、パネルとパワコンにも制限がある。(主に重量的な理由)
  • 営農が前提であり、休耕地には設置出来ない。
  • 設置には自治体の制度に影響を受ける場合がある。
  • 全ての農作物に対応してはいない(後述)
ソーラーシェアリングの要件等は多く、設置には専門家の助言が必須と言えます

当社は、ソーラーシェアリング設置の実績を持つ会社として、お客様に最適な発電所のご提案を致します。
ぜひお気軽にお問合せ下さい。

システムの注意点

基本的に営農の真上が発電所になるため、日影の影響を大きく受けます。
農作物には一定の光量が必要で、この光量を下回る作物はソーラーシェアリングに適していません。
また、農業との共存が前提ですので、農業をやめたり、生産が著しく低下すると許可が得られなくなる場合があります。

農作物に必要な光量は作物によって異なりますが、一定量の光量を超えると成長しなくなる特性が有ります(光飽和点)。
とうもろこしなど、一部光飽和点の無い作物(日照に応じて成長する)もありますが、この光飽和点が高い作物ほど、ソーラーシェアリングに向いていない作物といえるでしょう。

以下に、相性の良い農作物の例を挙げてみました。


特に適した作物(光飽和点が25klx以下)

  • レタス、白菜、キャベツ、フキ、イチゴ、キノコ類等
  • シクラメン、プリムラ、アザレア等

パネルの配置次第では適した作物(光飽和点が40~55klx)

  • 稲、ナス、エンドウマメ、ピーマン、サツマイモ、オクラ、かぼちゃ、大根、人参
  • ブドウ(巨峰)、モモ(白鳳)、梨(幸水)

営農中の田畑が、設置に適しているのか、設置のためには何をすればいいのか。

豊富な経験と実績を持つ当社に、ぜひご相談下さい。

 
 
投資物件

Menu

Infomation

お問い合せ

おすすめ商品

画像
太陽光システムとセットのお得な投資用土地
画像
施工を容易にする、当社オリジナル商品です
画像
施工を容易にする、当社オリジナル商品です